新しい生活様式。マスクと熱中症の関係。

どうも編集長の中村です。

最近は気温も上がってきており、夏日もちらほらと出てきていますね。

そうすると次に問題になるのはマスクです。

冬場と違い、夏場のマスクはかなりきついものがあります。

実際、私もすでにマスク生活に嫌気がさしています。
そうは言っても、今の状況でマスクなしで外出するのは気が引けます。

ただし、どんな今から夏が始まるこの状況下で常にマスクを着けていると、新型コロナウイルスとは違ったリスクがあります。

それは【熱中症】ですね。

高温、多湿でのマスク着用リスクが報道されていますね。

熱がこもりやすく、体温調節がしづらくなることから熱中症のリスクがあがると考えられています。

環境省は3密を避けた状態の屋外では、必ずしもマスク着用をする必要はないと説明しており、適宜外すようにとアナウンスしております。

私個人の意見としても、夏の暑いなか、外でもマスクというのはちょっと嫌ですね。

熱中症も命に係わる症状ですので、新型コロナを気にするあまり本末転倒にならないようにしたいですね。