今日は13日の金曜日

どうも編集長の中村です。

本日は13日の金曜日ですね。
私は13日の金曜日と聞いて「ジェイソン」が浮かびますが、これは若い世代にはピンとこないのでしょうか?

不吉な日とされているようですが、世界的にというわけではないようです。
主に英語圏で不吉と言われているようです。

その由来も様々でキリストの最後の晩餐が13人いたから「13」は不吉。キリストが磔にされたのが金曜日だったから「金曜日」は不吉。といったようにこじつけの部分もあるみたいですね。

ただですね、おもしろいのが13日の金曜日ってどれくらいあると思います?

現在多くの国で使用されているグレゴリオ暦では最低でも1年に1回、最大で1年に3回です。

さらにさらに1周期が400年らしいのですが、その中の13日で一番多い曜日がなんと「金曜日」なんです。

どこまで考えられていたのかは分かりませんが、こういう所を調べていくのは嫌いではありません。

何気ない事も少し調べるだけで、新しい知識を手に入れることが出来ます。
まずは調べるという癖付けは大事ですよね。