急激な冷え込みと台風21号接近!

どうも編集長の中村です。

10月も中旬を過ぎ最近までエアコンを稼動していたにも関わらず、あっという間に冷え込みが激しくなりました。

先日も例年の11月下旬並みの冷え込みだったそうです。
東京ではマフラーを使用している方も多く見られたとニュースにありました。

ただでさえ寒いところに、台風までもが接近中です。
さらにタイミングの悪いことに週明け23日に本州に接近もしくは上陸の予定となっています。

週明けの出勤の際は十分ご注意下さい。

この冷え込みで例年よりも早く、弊社への業務用加湿器の問合せがきております。

冷え込みと問合せに因果関係があるの?と思われるかもしれませんが、これがあるんです!

みなさんが普段目にしている湿度は相対湿度とよばれるものです。
夏の時期に湿度が30%程度でも乾いていると感じることはあまりないですよね?

絶対湿度が関係しています。
温度によって空気中に含みうる水分量というのは変化します。

仮に気温30℃の場合の1立方メートルあたりに含むことが出来る水分量が20グラムだったとします。

これが気温10℃では10グラムになります。あくまで仮の数字ですが、温度が低くなると空気中に含むことができる水分量はへります。

同じ湿度30%だったとしても上記の場合ですと、気温30℃の場合は6グラムの水分量。

気温10℃では3グラムとなります。同じ湿度30%でも水分量は半分になってしまうんですね。

なので気温が下がってくると、空気中の水分量が少なく乾いていると感じるんですね。

うるおリッチで要うるおい!うるおいコンシェルジュ要潤さん!爆誕!

どうも編集長の中村です。

なんと!!弊社業務用加湿器「うるおリッチ」のイメージキャラクターとして

要潤さんを起用した動画が先日公開されました!

なぜ要潤さんかは見ての通りですね。要(よう)潤(うるおい)!

お名前が弊社のうるおリッチのプロモーションを行うためにつけられたんじゃないかというくらい、ぴったりはまっています!

うるおいが必須→業務用加湿器が要る。→うるおリッチがいる!!

気になる要潤さんの動画は下記リンクですべて閲覧可能です。

要潤動画

広いオフィスの加湿に!

 

 

 

 

 

要うるおい!

老人ホームのインフルエンザ対策に!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

要うるおい!

寒暖の差が激しい日

どうも編集長の中村です。

本日は全国的に寒暖の差が激しく、最低気温と最高気温が10度近く差があります。

わたくし中村も朝は非常に寒かった為、寒さで目を覚ますという久しぶりの体験を今朝方したばかりです。

これから気温はどんどん下がっていきます。そうなってくると怖いのがインフルエンザですね。すでにインフルエンザ発生地域があるくらいです。

さらに今年のインフルエンザワクチンは昨年の使用量より、製造量が少なく不足すると発表がでております。

そのため、すでにワクチン接種の予約ができない医療機関もでているようです。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6255363

インフルエンザ対策には湿度を上げるのが非常に有効です。

少しでも冬の時期のインフルエンザを予防する為にも、今年こそは業務用加湿器「うるおリッチ」を未導入の方は導入検討してはいかがでしょうか?

お問合せはこちら

 

HCR 国際福祉機器展迫る!

どうも編集長の中村です。

きたる2017年9月27日東京ビッグサイトにてH.C.R 国際福祉機器展が東京ビッグサイトにて29日までの3日間行われます。

もちろん弊社三協エアテックも福祉業界に一石を投じるべく、業務用加湿器「うるおリッチ」を引っさげ出展予定となっております。

すでに多数の福祉施設様でご導入いただいておりますが、まだまだ「うるおリッチ」の有用性をお伝えできていない福祉施設様に、弊社業務用加湿器を認知いただけるよう声を大にしてご紹介しておりますので、東京ビッグサイトにお越しの際は是非お立ち寄り下さい。

業務用加湿器「うるおリッチ」の福祉施設様への導入実績はこちらをご確認下さい。

福祉施設導入実績

国際福祉機器展のwebサイトはこちらになります。

H.C.R 国際福祉機器展

 

記録的短時間大雨の実際の水の量は??

どうも編集長の中村です。

本日鹿児島の喜界町で記録的短時間大雨がありました。

3時間の雨量が207ミリに達したそうです。この雨量ですが、正直ピンとこないですよね。
1時間に1ミリと言われととても少ない雨に感じますよね?これを実際の水の量で考えてみましょう。

1時間に1ミリの厚さの水が降る雨の量とは、1㎡あたりに1リットルの水が降った量と同じです。

1メートル×1メートルの場所に立っている場合、1時間かけて1リットル分の水をかけられるのが1時間で1ミリの雨です。10分だと約170mlですので、コップ一杯分の水をゆっくりかけられる量ですね。

だいぶ分かりやすくなってきたので、今回の鹿児島の降水量を見てみましょう。
3時間で207ミリですので1時間あたりは70ミリです。

これは1時間で1㎡に70リットル分の水が降ったことになります。
10分で約12リットル、1分で1200mlです。

1分外にいるだけで1リットル分の水をかけられるのと同量の降水量です。
びしゃびしゃですね。

あくまでこれは1㎡あたりに降った水の量です。喜界町全域でこれだけの量が降ったと考えるとすさまじいですね。

ちなみに歴代降水量ナンバー1は1時間に153ミリです。喜界町の倍以上ですね。

何気ない数字も見方を変えるとおもしろいですよね。

8月25日は即席ラーメンの日

どうも編集長の中村です。

1958年の8月25日に世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」が発売されました。

今でこそ多くの種類があるインスタントラーメンですが、約60年前に初めて誕生したのです。当時は85グラムいりで35円で販売されたそうです。

1958年ごろの日本の大卒初任給は約16,000円、現在の大卒初任給は約200,000円
初任給からの単純計算をしますと、現在に直すと円の価値は12.5倍になりますので、35円のチキンラーメンは437.5円!

インスタントラーメンにしてはかなり高いですね。
ちなみに現在は通販サイトで85グラム5食入りで約640円ですので、1食あたりは128円になります。かなりリーズナブルになりましたね。

ちなみにこういったデータを出す場合は、本来多角的に数多くのデータから結論づけるのですが、今回は簡易に大卒初任給という軸で計って見ました。

何より60年間もの間愛され続けている商品を開発した日清様の開発力が素晴らしいと思いました。

弊社三協エアテックも、今後60年間、いやそれ以上愛される機械を開発していけるよう鋭意努力してまいります!

 

夏の甲子園も大詰め

どうも編集長の中村です。

夏の甲子園もいよいよ来週には終わってしまいます。
決勝戦は8月23日の予定です。

まだ自分が幼かったころは甲子園のお兄さん達はとても大人に見えていました。

気づけばあっという間に彼らの年齢を追い越し、30歳もさくっりと終わり30代中盤に差し掛かろうとしています。

猛暑の中を高校球児達が熱戦を繰り広げております。甲子園球場の日中の平均気温は35度近くまで上がり、湿度に至っては90%近くまで上がっています。

そんな中、全力でスポーツをしている彼らの体力には大人になった今でも信じられません。

ちなみに気温35度、湿度90%の場合の不快指数は93です。
これはエジプトよりも過酷な環境になります。

高校野球も違う角度から見ると、いかに高校生が頑張っているかわかりやすくなりますね。

 

 

梅雨明け

どうも編集長の中村です。

先日梅雨明けが宣言されましたね。
あっという間の梅雨明けでした。

弊社の本拠地大阪では正直雨が多く降ったイメージはないですね。
ここ最近の梅雨は梅雨らしい梅雨じゃない印象が私にはあります。

雨の日が続いて、早く梅雨明けないかなーと考えた年がここ数年ないですね。

かと思えば各地で豪雨による災害が起きており、極端な天気が続いています。
みなさん思っていることでしょう。平均的に降ってくれと。

梅雨の時期は湿度が平均して高く、過ごしにくい日々が続いていましたが、
梅雨が明けると湿度は下がるのでしょうか?

そんなことはないようです。梅雨明け後も湿度は横ばいか、むしろ上がることが多いようです。湿度が高いと室内でも熱中症になる事がありますので十分注意してほしいですね。

そもそも湿度が高いとなぜ熱中症になりやすいのでしょうか?

それはですね、湿度が高い日は常にベタベタしていて汗が乾きにくいですよね?

それは汗が蒸発しにくい環境になっているからです。汗が蒸発しないと言うことは体温調節がうまくいかない事につながり、身体の中に熱が篭ってしまい体温が高温になります。

まさに熱中症になりやすい状態です。
電気代がもったいないのもわかりますが、無理せずエアコンをつけましょう。

夏本番!花火大会の季節!

どうも編集長の中村です。

7月も中旬になり、夏本番ですね。毎日嫌になるくらい暑い日が続いています。
この季節になると週末には花火大会が多く開かれるようになります。

今週末の3連休だけでも、全国でみると約70箇所で花火大会があります。

花火大会に関して、みなさん当日の天気が気になると思いますが、最近の花火は導火線の性能が昔よりも上がっており、多少の雨でも問題なく開催できるようです。

また、打ち上げ場所上空が無風だった場合、煙がその場に留まってしまい、きれいに花火が見えないといったこともありますが、技術の向上により、以前に比べ煙が出る量も格段に減っているそうです。

花火大会で見るような、本格的な花火もいいですが家族でやる手持ちの花火も私は好きですね。

たまに何年も前の花火が片付けていたら出てきたりしたことはないですか?
花火は基本的に湿気てさえいなければ何年経とうが使えます。

仮に湿気ていた場合でも、天日干しした後に使用することで再度使うことが可能です。
また花火はワインのように寝かせると光がきれいになるといった事もあるようですよ!

最後に花火をする場合はマナーを守って行うようにお願いします。

木材に注目してみた。

どうも編集長の中村です。

将棋界のレジェンドである加藤一二三九段が引退されましたね。

現在将棋界では14歳の藤井聡太さんが29連勝という歴代ナンバー1の大記録を打ちたてて騒がれていましたが、それに加わる形で一つの歴史に終わりが告げられたようです。

さて、今回は将棋の盤にも使われている「木」について少しお届けいたします。
木材といえば読んで字のごとく、様々な物の材料に使われます。

木材には様々な優れた点があり、材料として多くの物に使われていますが、そんな中でも今回は吸湿性に注目してみましょう。

そもそも「吸湿性」と「吸水性」の二つの単語を聞いたことがありませんか?
この二つの言葉の違いはなんなのでしょうか?

吸水性とは「水」を吸う性質の意味です。あくまで水ですので液体ですね。
よく肌着等で吸水性に優れた素材と表現されているのは、汗などの水分を吸うという意味で「吸水性」が使われます。

では吸湿性とは、そうです!この流れならお気づきですね。「湿度」を吸う性質です。
空気中の水分、水蒸気を吸う性質です。木材はこれに優れています。

ですので、木材を家に使うと余分な室内の水蒸気を吸って、室内を快適にしてくれます。
もちろんそのほかの特性である、加工のしやすさ、耐久性、断熱性なども素材として良く使われる理由になります。

世の中には驚くほどたくさんの木が使われています。
身近な物でどれだけ木材が使われているか気にしてみても楽しいかもしれませんね。