もうすぐ母の日 知っておくべき母の日の事

どうも編集長の中村です。

5月の第2日曜日と言えばみなさんご存知、母の日ですね。
母を敬う日である母の日ですが、その由来を知っていますか?

母の日の始まりはアメリカのアンナ・ジャービスさんが、敬愛する亡き母を思い、母親の為の祝日を設ける運動が始まりといわれています。

アンナさんの母が好きだった花がカーネーションだった為、カーネーションを送る習慣ができたようです。

と、こういった情報は有名だと思いますので、みなさんにあまり聞いたことのない母の日豆知識をお伝えしたいと思います。

母の日にかける予算は気になるところですよね。

今年の母の日の予算は概ね3,500円ほどだそうです。
半数近くがお花を贈っているようで、その次にお菓子が多いようです。

ここで本家のアメリカの予算を見てみましょう。なんと平均21,000円!!
日本の約6倍!また予算の使いみちも少し違い、母親を食事に招待するというのが過半数を占めるようです。もちろん贈り物も用意しているようで、そういったところから平均予算が上がるのではないかと思います。

私たちにとっては一つのイベントである母の日ですが、小売業界や飲食業界にとっては大きな商機となります。
中国の「独身の日」の売上げはアメリカのブラックフライデーを上回るものになっているそうです。

こうしたことを受け日本の小売企業が中国やアメリカにインターネットビジネスで勝負しに行くといった事が増えているようです。

弊社の業務用加湿器「うるおリッチ」も世界で活躍できる日が来るよう頑張っています。