インフルエンザに業務用加湿器が有効!?

どうも編集長の中村です。

10月も終盤に差し掛かり、あっという間に冬が近づいてまいりました。気温もぐっと下がりジャケットが必要な季節になりつつありますね。

冬の季節になると流行だすのがインフルエンザです。今年はインフルエンザの出現が早く9月の第一週にはすでに学級閉鎖が起きたみたいですよ。
10月26日現在で全国でなんと、60校以上が学年閉鎖や学級閉鎖、休校になっているようです。

インフルエンザの対策に湿度を上げるというのは、みなさんご存知だと思います。
ではなぜ湿度を上げるとインフルエンザに効果的なのかご存知ですか?

よくインフルエンザは湿度40%~60%まで上げると死滅します。とか増殖しません!!といった記事をみた事あるかと思いますが、正確には少し違います。

上記の表記の仕方だと湿度が高いとインフルエンザウィルスが生きていけないような表現に見えますが、空気中のインフルエンザウイルス粒子は時間経過と共に壊れてしまいます。環境によっても異なりますが、おおむね15分程度で破壊されます。

湿度が高いと空気中の水分が多くなりますので、空気中を漂っているインフルエンザウイルスが水分にあたり地面に落下し、その結果時間経過と共に破壊されます。

つまり人に届くまでの間に破壊される機会が多くなるので、湿度を高く保つことがインフルエンザに対して効果的と言われているのです。

さらに乾燥していると、喉の粘膜が弱った状態になりますので、インフルエンザウイルスが付着しやすい環境になります。

以上を踏まえると、家庭での加湿対策ももちろん職場での加湿対策もこれからの季節必要になります。

そんな時にみなさんにおススメしたいのが業務用加湿器うるおリッチなのです!!

1台で150㎡までカバー出来、移動型で工事不要ですぐに使えます。さらに!自動クリーニング機能付でメンテナンスの手間を大幅軽減!!

結論は出すなと言われてますが、今回はさすがに結論出ましたね。はい。

これからの季節、業務用加湿器うるおリッチは必須ですよ!

お問合せはこちら