東日本大震災から11年

どうも編集長の中村です。

本日は3月11日。東日本大震災が発生した日になります。

今から丁度11年前の今日、14時46分18秒に発生した大災害です。

当時私は東京に住んでおり、その時は職場にいました。

震度5強の揺れで室内の物が落ちたのを覚えています。

 

その後、急遽自宅に帰ることになりました。

私は職場まで自転車で通っていたので、帰宅困難者にはなりませんでしたが、東京都内各地で帰宅困難者があふれかえっていました。

携帯などの回線もパンクしており、家族や知り合いに無事であることを伝えるのも苦労したのを記憶しています。

自宅に戻った後も、落下物の片付けなどに追われました。
その後は福島第一原発のメルトダウン情報や、各種飲食物の買い占め、電池の買い占めなど大混乱に見舞われました。

それがもう11年前。東京都内にいた私ですらついこの間のような気がするのですから、被害の大きかった地域にお住まいだった方は今でも鮮明に覚えていることでしょう。

備えあれば患いなしという諺があるように、災害といういつ発生するか予測できないものも、最低限の備えをしておきたいですね。