まん延防止等重点措置、通称まんぼうが始まる!緊急事態宣言との違いは?

どうも編集長の中村です。

4月5日から大阪・兵庫・宮城の3府県に5月5日までの1か月間の間、適用されます。

この「まん延防止等重点措置」とは一体何??緊急事態宣言と何が違うの?と思った人は私だけじゃないと思います。

内容的にもかなり似ています。

・飲食店への営業時間20時までの時短要請

・イベントの人数制限

・不要不急の外出の自粛

さらに最初は「まんぼう」「まんぼう」と連呼されていましたが、最近は「まん延防止」と急に呼び名が変わったので余計混乱しました。

そこで調べてみると、発出の目安が鍵のようでした。感染の状況がステージ3相当の時は「まん延防止等重点措置」。ステージ4の場合は「緊急事態宣言」。

さらに緊急事態宣言は都道府県単位ででますが、まん延防止等重点措置は知事が地域を限定して出すようです。ちなみに大阪は大阪市が対象地域になります。

さらに過料、よく言う罰金も違います。

まん延防止等重点措置は20万円!緊急事態宣言は30万円!!

今回はさらにマスク会食も義務化するような話も出ていますので、人によっては緊急事態宣言よりも厳しいという勘違いをされている方もいるかもしれないですね。

基本的に私たちがやることは変わりませんので、自分たちでできる対策を心がけるしかないとは思います。

早くマスクなしで生活できるように戻ってほしいですね。

ウイルス対策製品へのお問い合わせはこちら