インフルエンザウイルスと新型コロナウイルス

どうも編集長の中村です。

新型コロナウイルスの影で完全に忘れられているインフルエンザウイルスですが、今シーズンは去年と比べ450万人もすくなかったようです。

一昨年と比べると更に少なく、650万人ほど減少しているようです。

特に今シーズンの1月は去年に比べ3分の1の患者数との事です。

これは新型コロナウイルスによるウイルス対策効果によるところもありますが、それだけではなく今シーズンの気象条件が【暖冬】【雨が多い】という条件により年末から1月末にかけて絶対湿度が例年より大幅に高かったようです。

絶対湿度と相対湿度の違いは弊社運営サイト【加湿.net】を参考にしてください。

こちらのページになります。

非常事態宣言は5月6日までですが、現状を見る限り収まる気配を感じませんので、まだまだ気を付ける必要がありそうです。

弊社も環境関連機器メーカーとして、可能な限り皆様のお力になれればと思っております。

お問合せはこちら