不快指数から見る甲子園球児の過酷さ。

どうも編集長の中村です。

甲子園終わっちゃいましたね。
決勝は石川県代表【星稜高校】対大阪府代表【履正社高校】でしたね。

どちらが勝っても初優勝となる記念すべき試合でした。

結果は履正社高校が2019年夏の甲子園の覇者となりました。

決勝の気温は33℃付近まで上がり、湿度は70%程度だったようです。

これは不快指数にすると85.9!私みたいなおっさんがこんな中で運動したら、まず間違いなく熱中症でダウンするでしょう。

高校球児たちの体力と思いには脱帽です。

高校球児たちの健康面や安全面で賛否両論ある高校野球ですが、常に優先すべきは彼らの将来であってほしいですね。