梅雨入り!何をもって梅雨入り発表なの?

どうも編集長の中村です。

本日は全国的に雨模様のようですね。

気温もそれなりで湿度が高いので不快度指数はかなり高めです。

6月に入り、梅雨入りはそろそろかなと思っていましたが、本日東海地方、関東甲信地方、北陸地方、東北南部が梅雨入りしたと発表されました。

例年より1日遅い梅雨入りとの事だそうです。

私が住んでいる近畿地方含め、四国、中国、九州北部は梅雨入り発表がありません。

私個人としては雨があまり好きではありませんので、このまま梅雨入りせず、雨もあまり降らずに夏に突入してほしいです。

さて、表題の通りそもそも梅雨入りって何基準で発表なのでしょう?

梅雨入りの定義はかなり難しく、絶対梅雨入りしたとは言えないそうです。そのため梅雨入り発表があったにも関わらず、晴れの日が続いたりってことありますよね?さらに9月ごろに梅雨の確定時期が修正されて発表されます。

それもあり最近までは「梅雨入り宣言」って言われていましたが、不確定要素が大きい為クレームにもつながることから「宣言」という言葉使われなくなったそうです。

さんざん引っ張った梅雨入りの定義は下記のとおりです。
1、晴天が二日以上続いたあと
2、梅雨前線の影響で前日と本日が雨
3、その後1週間の天気予報が雨または曇り

まだ突入すらしていない梅雨ですが、早くあけてくれることを期待しています。