湿度の高い今だからこそ加湿器のお手入れ。知っておきたい加湿器のお手入れ方法

どうも編集長の中村です。

梅雨の季節になり、ジメジメした毎日が続いています。
大阪でも連日雨ばかりの天気になっており、気持ちまで落ちてしまいそうです。

この時期だからこそ今のうちに、加湿器のお手入れをしておきましょう。

ご家庭で使用している加湿器を一回もお手入れしたことがない!と言う方も中にはいるようです。

加湿器のお手入れを怠ると結果的に湿度をあげるどころか、菌を撒き散らすことにもなりかねませんので、忘れず必ず行いましょう。

ステップ1 タンクを掃除しよう
まず汚れやすい箇所はタンク内ですね。
タンク内に水が残ったままで放置すると、カビやぬめりの原因となります。
タンク内は出来れば冬場も週に1回は掃除したいところです。

タンクの掃除に便利なのはクエン酸です。
ぬるま湯にクエン酸をいれたものをタンクに入れ、よく振ってください。
その後、しっかりと乾燥させましょう。

ステップ2 フィルターを掃除しよう
次にやっつける掃除箇所はフィルターです。
これはご家庭で使用している加湿器によって様々だとは思いますが、掃除方法としては簡単です。

ここで登場するのもまたクエン酸です。フィルターがつかるくらいのサイズのバケツにぬるま湯とクエン酸を入れて、つけ置きしましょう。30分くらいたったらしっかり水で洗い流し、しっかり乾燥させます。

ここで洗い流しが足りないとにおいの原因にもなりかねませんので、注意してください。

ステップ3 トレーを掃除しよう
次はトレーです。はいこれもクエン酸。というかこれはステップ2でフィルターをつけ置きするときに一緒に入れちゃいましょう。

ステップ4 メーカーによって消耗品がないかチェックして交換しよう
これはご家庭で使用している加湿器によって様々ですが、メーカーによって使用年数により交換が必要なものもあります。

例えば我が家で使用している加湿器は年に1回イオンカートリッジなるものを交換しています。こういったものはカビの発生を抑えてくれたり、ぬめりが発生しにくくなるような物など様々ですので、使用中の加湿器はそういったものがないかチェックしてみましょう。

対応年数が10年といったものは掃除しておくといいですね。

実際こういったお手入れは面倒です。普段から定期的にお手入れをしていれば、そこまで重労働でもないのですが、毎日、毎週は現実的ではないですね。

その点、弊社業務用加湿器「うるおリッチ」は24時間稼動ごとに1回自動で内部のクリーニングが行われる優れものです。

もちろんご家庭で使用される加湿器と業務用加湿器を比べてもといったご意見もあるでしょうが、みなさんが思ってる以上に家庭用の加湿器を職場に多台数設置して利用されている企業様は多くあります。

今年の冬は業務用加湿器「うるおリッチ」をご検討していただければ幸いです。

問合せはこちら