本日は彼岸入り。

どうも編集長の中村です。

3月17日の今日は彼岸入りです。
お彼岸とはそもそもなんぞやという方もいるでしょう。

お彼岸とは昼と夜の長さがだいたい同じになる今の時期に、仏様の供養をすると極楽浄土にいけると考えられている日本独自の風習です。

お彼岸にはぼたもちを食べますが、ぼたもちは手作りの場合、3月ですと1日程度しか保存がききません。にも関わらずついつい作りすぎちゃいますよね?そうですよね。作りすぎますよね。

ところがぼたもちは冷蔵庫に入れると味が落ちますし、硬くなっておいしくなくなります。調べてみたところぼたもちの推奨保管温度は常温みたいですね。

ただし、1日程度しか持たないので大量に作りすぎた場合は冷凍するしかありません。

冷凍した場合は解凍方法に注意です!常温で解凍して下さい。そしてその後レンジで暖めれば味が落ちるのを多少防げます。

そもそもなぜ、常温で保管が推奨されているのかといいますと、ご飯は0℃~3℃の間が一番劣化するそうなのです。その為の常温保存なのです。

もちろんですが、乾燥も大敵です。味の劣化がさらに早まります。ということはですよ、熱心な加湿器ブログの皆さんであればもうお気づきですね?

はい、そうです!なんと業務用加湿器「うるおリッチ」はぼたもちにも効果があるのです。
お彼岸には是非業務用加湿器「うるおリッチ」をよろしくお願い致します!!

お問合せはこちら