本格的に寒くなった今、注意するべき3つのこと

どうも編集長の中村です。

全国的に冷え込みが厳しくなってきております。寒くなると気をつけたい3つの事をお伝えしたいと思います。

1、ヒートショックに注意!

寒くなると身体が熱を逃がさないようにするために、血管の収縮が起こり血圧が高くなります。特に暖かい室内から寒い場所に移動した際などさらに急激に血圧が上がる危険性があります。それにより心臓などに負担がかかり心筋梗塞といった症状を引き起こしてしまいます。
お風呂場は特に注意です!室温の差が出やすい場所です。
脱衣所を事前に暖めておく、年配の方は2番目以降にお風呂に入るといった対策をしてください。

2、冬場の脱水症状に注意!

夏の時期によく聞く脱水症状ですが、冬の時期にも「かくれ脱水」や「じんわり脱水」といった脱水症状があります。
冬場は脱水に対しての意識が低くなりがちです。身体が乾燥していると脱水症状と同じです。こまめに水分補給をしてください。
室内の湿度も40%以上を目指して室内の乾燥に注意してください。

3、収れん火災に注意!

やっかいな事にこの時期は火災にも注意が必要です。
冬場は太陽の位置が低く、日光が強くなります。日光が鏡などにより集まり高温に達し火災へと至ります。冬の時期は乾燥もしておりますので、火がつきやすく非常に注意が必要です。この火災は冬場にもっとも多く、ペットボトル、水槽、ステンレスのボウル等、光を集めやすい物には注意が必要です!

2番と3番は冬場の乾燥が問題ですね。
編集長中村はたまたまですが、乾燥に対してとても効果のあるものを知っています。

そうです。業務用加湿器「うるおリッチ」です!!乾燥、インフルエンザ対策には「うるおリッチ」にお任せあれ!

お問合せはこちら