新着情報

2022年08月22日 医療・福祉施設

「院内感染対策の一手段として導入しました。」

導入理由 当院透析室はベット数19床で患者さんとスタッフ約26名が同室に集まります。 空気感染予防の観点から温湿度管理も大切と考え、当初は家庭用加湿器を数台設置し使用していました。 当時は日々の給水、清潔保持のために定期的なフィルター清掃、薬液消毒など手間がかかり、 適切な加湿管理を家庭用加湿器で補うのは無理があるかもしれないと考えていました。 加湿器の買い替え時に医療・福祉施設での導入実績が多い業務用加湿器「うるおリッチ」に出会い、 治療空間の安全環境保持目的で思いきって導入を決めました。
導入場所 透析室
導入機種・台数 SAT-22MK 1台 製品詳細を見る
ご感想 導入当初は大型加湿器のため運転音が気になるかも・・と心配していましたが、実際はそれほど気になることもなく、 低湿度時期の加湿と空気清浄器として使用しています。 付属のホースによるワンタッチ給水、自動クリーニング機能、定期的な訪問メンテナンス等、 導入前に不便に感じていたことが解消され助かっています。 風邪、インフルエンザ等の感染予防、感染拡大防止対策として効果をあげているように思います。(談:尾﨑様)