飛行機に乗ると喉カラカラになりません?

どうも編集長の中村です。

先日、私の好きな鳥人間コンテストがありました。
見事なビッグフライトを見せた優勝者はなんと人力飛行機で60㎞を飛行するという、大記録を樹立しました。

私が子供のころの鳥人間コンテストといえば、そもそもまともに飛べるだけで、すごい!!となっていた記憶があります。

さて、余談が続きましたが、タイトルにもある飛行機内のお話です。

飛行機内ってめちゃめちゃ乾燥してませんか?海外旅行の際に長時間機内にいると、喉は乾くし、目は乾燥するし、唇カッサカサになるんです。

そこでちょっと調べてみました。

飛行機内は湿度10~20%、低い時は5%前後との事。

予想通り乾燥しまくってますね。これは何の嫌がらせでしょうか?それとも理由があるんでしょうか?

理由はちゃんとありました。外気音のせいのようです。
飛行機はかなりの高度を飛行していますので、外気音はマイナス50℃とかになります。
機内の空気は循環しているそうなので、外板近くで冷やされると結露どころかかなりの水になるようです。

この水が、飛んでる時は凍っているのですが、高度を下げて気温が上がってくると水滴になり、腐食などの原因になるそうです。

それをなるべく防ぐために機内の空気は乾燥しているようです。

つまり飛行機に乗る際に一番必要なものは、ネックピローなんかでは無く、保湿製品ですね。

皆さんも次回飛行機に乗る際には、保湿クリームを持ち込んではいかがでしょうか。

不快指数から見る甲子園球児の過酷さ。

どうも編集長の中村です。

甲子園終わっちゃいましたね。
決勝は石川県代表【星稜高校】対大阪府代表【履正社高校】でしたね。

どちらが勝っても初優勝となる記念すべき試合でした。

結果は履正社高校が2019年夏の甲子園の覇者となりました。

決勝の気温は33℃付近まで上がり、湿度は70%程度だったようです。

これは不快指数にすると85.9!私みたいなおっさんがこんな中で運動したら、まず間違いなく熱中症でダウンするでしょう。

高校球児たちの体力と思いには脱帽です。

高校球児たちの健康面や安全面で賛否両論ある高校野球ですが、常に優先すべきは彼らの将来であってほしいですね。

 

お盆と台風

どうも編集長の中村です。

明日からお盆休みに突入する方がほとんどだと思います。
今年のお盆は9連休の人が多いようです。

お盆といえば帰省ラッシュですよね。
明日の渋滞予測を見る限り、車での帰省を考えてる人は覚悟した方がよさそうですね。

さらに今年のお盆は台風もバッチリ襲来しそうです。

九州は14日の午後~15日の午前がピーク。

関西は15日中がピークのようです。かなりの勢力を保った状態で、日本に上陸するようですので、十分注意してください。

13日には海辺は台風の影響で波も高くなっているそうですので、海のレジャーを考えている人はより一層注意してくださいね。

猛暑!

どうも編集長の中村です。

今週に入ってから猛暑と熱中症についてのニュースばかりですね。

実際本日の大阪の最高気温はまさかの38度!地域によっては39度を超えていました。

エアコンの効いた事務所から、トイレに行って帰ってくるだけで汗かいてしまうレベルです。

今年も車内に子供が放置され亡くなってしまう事故が起きているようです。ほんの少しだけという油断が、自分の子供が死んでしまうかもしれないという事をしっかりと認識してほしいです。

これだけの猛暑ですから、社内に置いてあったペットボトルで車両火災が起きてしまうといったニュースもあります。

熱中症もこれだけの猛暑ですと、体力がある人でもなります。

実際熱中症患者への対応訓練をしていた消防士が、訓練中に熱中症になってしまったそうです。

みなさん改めて、猛暑対策、熱中症対策をしっかりおこなってください!!

フジロックの季節

どうも編集長の中村です。

最近はもう完全に夏ですね。毎日暑いです。

夏と言えばやっぱりあれですよね。そうです。野外フェスです。

この季節の風物詩です。というのもなんと今日から「フジロック」ですよ!

7月26日~7月28日、熱狂の3日間となります。

残念ながら前売り券はSoldOutなので、どうしても今から参加したい人は当日券にかけるしかないですね。

そもそもフジロックって何?って人もいると思います。

フジロックは新潟県苗場スキー場の広大なエリアを使った、日本最大級の野外音楽フェスです。

いやぁでも、音楽それほど興味ないしとか、家族がいるしという人も安心!!

フジロックは様々なジャンルの音楽であふれてますし、会場前だけでなくゆったりくつろげる子供の為の場所もあります!もちろん音楽も聞こえてきますよ!

さらにゴンドラに乗れば会場全体を見渡せますよ!

今年じゃなくとも、来年からでもぜひ参加してみてください!

 

台風の強さ

どうも編集長の中村です。

今週末は天気があれそうですね。台風5号が近づいてますね。

九州の方などは週末十分注意が必要です。

さて、タイトルにもあるように、台風の強さですね。

よくニュースなどでは、「中心気圧が950hpa」とか「大型の台風」とか「非常に強い」とか言われてますが、基準はあるんでしょうか?

そもそもhpa=ヘクトパスカルの数字は大きいといいのかどうかですが、物体や水と同じく、風も気圧が高いところから低い所に流れます。

通常の気圧との差が大きければ大きいほど強い風となります。

ですので、hpaの数字が低ければ低いほど強い風が吹くという事になります。

通常時が1010hpa程度ですので、ここからどれくらい差があるかが、注目するポイントですね。

一般的に940hpaより低いとかなり強い台風という事になります。

さらに強さの中に「強い」「非常に強い」「猛烈な」と3段階あります。
これの違いは気象庁のサイトに載っていました!

強い 33m/s(64ノット)以上~44m/s(85ノット)未満
非常に強い 44m/s(85ノット)以上~54m/s(105ノット)未満
猛烈な

54m/s(105ノット)以上

次に大きさの基準ですね。「大型」「超大型」といったやつです。

階級 風速15m/s以上の半径
大型(大きい) 500km以上~800km未満
超大型(非常に大きい) 800km以上

これで台風のニュースはもうばっちりですね。

フェーン現象と湿度

どうも編集長の中村です。

7月も中旬に差し掛かり、暑い日が続くと思いきや、関西ではジメジメした嫌な日が続いています。

昨日11日は九州で30℃を超える地域が多くでたようです。
大分県大分市では33℃を超える真夏日です。

これの原因がフェーン現象だそうですよ。
中学校の地理の授業で、だれしも1回は聞いたことありますよね。

なんとなく、フェーン現象と聞いたら山を越える時に熱風になって気温が上昇する。といったイメージがあると思いますが、そもそもなぜ山を越えると気温が上昇するのでしょう?

その原因はずばり湿度です!

海面からたくさん水分を吸った、湿った風が山にぶつかり、山を駆け上がります。

その過程で水分を含んだ空気は気温が下がっていき、雲、雪になります。
この、雲や雪になるというのが重要です。

温度というのは、空気より水分のほうが上がりにくく、冷めにくいのです。
つまり空気が駆け上がっていく過程で雲や雪に変わり、温度が下がりにくくなります。

山頂に到着し、下る時は乾燥しきった空気になり、温度が上がりやすくなります。

20℃で山に突入した空気が30℃で地表に戻ってくるわけです。
さらにいうとカラカラに乾燥した状態で!

これがフェーン現象の仕組みとなります。
こうなると乾燥していて、気温も高いと山火事の原因になります。

その為、日本語ではフェーン現象のことを「風炎」と呼ぶそうですよ。
なんとなく、かっこいいですね!

 

七夕の今昔物語

どうも編集長の中村です。

今週の日曜日、7月7日は七夕です。そう思って天気を調べようと、Googleで「七夕」と何となく検索したところ。下記の結果がでてきました。

一瞬意味がわからず、え?となったので、調べてみることに。

すると七夕は7月7日だけでなく、地域によっては中暦の8月7日になるところも多いそうです。

完全に初耳でした。たしかに日本三大七夕祭りの1つである「仙台七夕祭り」は8月6日~8月8日の日程で開催されていますね。

ちなみに「中暦」というのは旧暦と新暦の間という意味のようですよ!

今年の七夕の星空は曇り空じゃないといいですね。

ちなみに星空は乾燥しているほどきれいに見えますよ。

 

ようやくの梅雨入り!あっという間の真夏日!

どうも編集長の中村です。

ようやく近畿地方などの梅雨入りしていない地域が先日梅雨入りしました。

近畿地方では1951年に気象庁が統計を取り始めてから、一番遅い梅雨入りとの事です。

ここ最近空気がじめじめしており、そろそろかなという所での梅雨入りでしたね。梅雨入りが発表されてすぐ、令和初の台風3号と慌ただしい梅雨入りとなりました。

台風が過ぎ去った今日、台風一過とはならず、東京や三重で30℃を超える真夏日となったようです。

暑い日といえばですが、皆さん「逃げ水」という言葉を知っていますか?

晴れた暑い日にアスファルトに水があるように見え、近づいてみても水はなく、さらに遠くに見え、まるで水が逃げているように見えるといったものです。

不思議な現象ですが、今からの季節見る機会が多くなりそうです。

 

今の時期の空気清浄機能付き加湿器の取り扱い。

どうも編集長の中村です。

嫌な天気が続いていますね。関西はこれでもまだ梅雨入りの発表がありません。

前回の記事で書いた条件に合致してないんでしょうね。

今の時期、加湿器をお部屋で利用している人は少ないと思いますが、常に空気清浄機は動かしてるという人は多いと思います。

加湿器と空気清浄機が一体になったタイプは、この季節要注意です!

以前にもお送りしたことはありますが、お手入れしない状態で空気清浄機として利用するのはおすすめしません!

こちらの記事を参考に、再度加湿空気清浄機のお手入れをしてみてはいかがですか?

湿度の高い今だからこそ加湿器のお手入れ。知っておきたい加湿器のお手入れ方法