新型コロナウイルス対策補助金

どうも編集長の中村です。

新型コロナウイルスの陽性者が増え続けており、日に1万人を超えています。

デルタ株の感染力は水疱瘡なみといった報道もあります。

1人の感染者が平均5人~9.5人に感染を広げるようです。

去年とは状況が変わってきていますので、今年はさらに新型コロナウイルス対策が必要と考えられます。

 

こういった状況の中、国からの補助金、助成金だけではなく、各地方自治体や団体でコロナ対策補助金が多く存在しています。

特定の職種のみに対しての補助金や、額は小さいですが個人向けのものが多数あり、調べてみると膨大な数の補助事業があります。

変わったものですと、新型コロナウイルスの影響で小学校、幼稚園、保育園などが臨時休業した場合に、子供の保育のための有給休暇を取得させた事業主に対しての助成金があります。

コロナ対策製品の導入に対しての補助事業も多くありますので、一度自治体に問合せされることをおススメいたします。