インフルエンザとお仕事

どうも編集長の中村です。

全国的に流行入りしているインフルエンザですが、今日はそんなインフルエンザと我々サラリーマンのお話です。

朝、目が覚めてなんとなく体がだるいな。と思う日があると思いますが、そんな時に熱を測るとなんと!38度オーバー!

今の時期ならほぼ間違いなくインフルエンザ!

そんな時あなたならどうする!?

ストレス社会で戦う企業戦士としては例え熱だろうが、なんだろうが出勤するという人はいないでしょうか?

もしくは本人は休むつもりでも会社に連絡したら、上司から小言を言われ休めないとかでしょうか。

今時そんな事は無いと私も思っていましたが、なんと最近のアンケートで20%以上もの人が完治していない状態で出勤するそうです。

インフルエンザになってしまった本人も、その会社の人も休む損失より、出勤する事による回りに与える損失を考えて行動できればいいですね。

先日も都内で、インフルエンザにも関わらず出勤していたバスの運転手が死亡事故を起こしております。

責任感と使命感は理解できますが、まずは休むことを第一に考えてください。