警報の種類

どうも編集長の中村です。

先日は大阪に台風が直撃しましたね。
おかげでJRは夕方には全滅。早めの帰宅を促していました。

結果からみると大阪市内は大したことなく、寝てる間にすべてが終わったという感じでしたが。

昨日の16時くらいから各種警報が大阪に出始め、弊社のママさん社員がざわつきました。

暴風警報に大雨警報ですね。
湿度に関する警報はあると見せかけてないんです。

そのかわり乾燥注意報というものがあります。
これは大気の乾燥により、火災、延焼などが起きる可能性があるので注意してくださいね。といったものです。

過去に乾燥注意報がなんと65日間も継続したという記録が残っています。
1973年の11月18日~1974年1月21日まで続きました。

2位の記録でも継続日数38日ですので、圧倒的です。

ちなみに2位の記録は2010年、3位の記録35日継続で2011年と近年に多くあります。

今年の冬はどのくらい乾燥するのかはまだ分かりませんが、業務用加湿器の出番は多くありそうです。