海外のインフルエンザ流行時期

どうも編集長の中村です。

インフルエンザといえば日本は冬の時期に流行するイメージですが、海外はどうでしょう?

インフルエンザが日本で冬に流行する原因の一つは湿度です。乾燥ですね。

ただ、近場でいうと東南アジアは雨季でも乾季でも関係なく通年とおしてある一定のインフルエンザ患者がいるようです。

同じく日本でも最南端の沖縄では夏にインフルエンザが流行したりと、比較的東南アジアと近い流行時期のようです。

雨季のように湿度が高くてもインフルエンザが流行する原因には諸説ありますが、そもそも湿度の高さと気温の高さから来る免疫力の低下、紫外線強度の低さによりインフルエンザウイルスを不活化できないなどです。

これから夏に突入し、長期の休暇を海外で過ごす方も出てくるとは思いますが、その際には一度外務省のサイトをチェックし、インフルエンザにかかわらず旅行先の病気の流行状況などを確認してみてください。